かほり紫ホームページ

かほり紫 和の香り

..

.

香座とは・・・

◆香司(和の調香師)が教える本格的な和の香り創作教室◆

香座(こうざ)は、白檀や沈香(じんこう)をベースに、龍脳・丁子・桂皮などの10~15種の天然香料のみを使用し、ご自分の好みで調香(ブレンド)していただく「和のお香創作教室」です
春の予感、夏の輝き、秋の恵み、冬の気配・・・季節の移ろいを和の香りにうつしとります。
香りの歴史も学びながら、匂い袋・練香(ねりこう)・線香・塗香(ずこう)・印香(いんこう)など、様々なお香を創ることができます。
鎌倉の覚園寺、明王院、極楽寺、浄智寺のオリジナル塗香の開発・制作をしている香司(和の調香師)が、香原料の特徴や配合した時のバランスで、どんなイメージの香りが創り出せるかについて丁寧にお教えします。
手作りの楽しさと知識も深まる香座には男性も多く参加されています。
 
※香司(こうし)とは、香料選びから調合、仕上げまで、お香の制作に関する一切の責任を負う人。天然香料についての専門知識と研ぎ澄まされた感性を持ち、伝統の製法に基づく奥深い香りを生み出すスペシャリスト。