かほり紫ホームページ

かほり紫 和の香り

..

.

和の香りは、約1500年前、飛鳥時代に仏教と共に大陸から伝来したとされています。
奈良時代には、後に奈良・唐招提寺を建立した鑑真和上が漢方薬調合技術と、各種香料をブレンドする合香の術(合方)を日本に伝えました。
和の香原料の大半は、生薬として漢方薬にも利用されており、香りがよい上に体にもやさしい、まさに”医香同源”なのです。
 
「かほり紫」では、天然香原料と漢方生薬、嗅覚と味覚の両面から、伝統文化と安らぎをを追求しています。
 

 

 
 
 
 
 
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 
【運営会社】有限会社ネットプロダクツ